トイレのつまり対策

トイレがつまる原因ですが、一番多いのはティッシュペーパーです。トイレットペーパーを切らしてしまった場合などに、代わりにティッシュペーパーを使っていないでしょうか。同じような薄さでも、ティッシュペーパーは水に溶けにくいので、つまる確率が高くなります。なお、トイレットペーパーでも一度に大量に使用すると、つまることがあるようです。

トイレットペーパー以外には、生理用品や紙おむつ、ボールペン、子供のおもちゃがつまるという場合もあります。要するに、誤ってトイレに流してしまったものがつまります。このようなトイレのつまりが起こったら、業者を呼ぶしかありません。しかし、トイレ業者の数は多く、いざとなったらどの業者を呼んだらいいのか迷います。

トイレ業者の選び方ですが、料金の安さで選びがちですが、サービス内容とのバランスも考えてみてください。さらに、アフターサービスの良い業者を選びましょう。トイレのつまりを直してもらうのはもちろんですが、直した後も責任を持ってトイレが使い続けられるように見届けてもらえる業者が理想的です。

トイレ業者を見極めるポイントとしては、夜間や土・日などに時間を選ばずに駆けつけてくれるところになります。トイレの故障は、トイレから汚物があふれ出たり、汚水が部屋の中まで流れ込んだりするたいへんなものですから、一刻も早くトイレ業者を呼ぶ必要があります。そんな緊急性を理解しているトイレ業者に依頼しましょう。当サイトでは、トイレ業者の呼び方や料金について解説します。